QLOOKアクセス解析
line-s
--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

line-s
09.16

(c) .foto project


珠帆美汐さんのタロット占いをお願いしてみた。

“あんた どれだけそういうことにお金につぎこむの”って思われるかもしれないけど・・・
日中、職場であまり自分の話をしないようにしていることもあってか、お金を払ってでも自分の話を躊躇せずにできる場って素直に嬉しくて楽しみだ。お金を払ってでも。

珠帆さんの声は優しくてあたたかくてスローペースで、聴いているだけで癒される感じ。
仕事について聞いてみたところ、最初のタロットで言われたことが

・人と人とをつなぐ、人の輪(和)、人の気持ちを大切にする とにかく、対人(たいじんでなく たいひと)

ということ。
ちょっとぞくっとした。

なぜならこのエントリー

「私が楽しいと感じるのは 人とのふれあいの部分。心を通わせられるようになったと感じられた瞬間の喜び。」


と自分で書いているからだ。
やっぱりそうなのか?と思った。

仕事についてもう少し深堀りすると、

・わたわたとしている人や、何か事件が起こった/起こりそうな人の話を聞いたり、元気づける
→珠帆さんの直観的なイメージだと助産師さん、産婆さん
→私のイメージだと離婚カウンセラー、ウェディングプランナー

というのが出てきた。
実際助産師さんになるというわけでなくても近いイメージなのだそう。

人の気持ちに寄りそう、人の気持ちに向き合う・大切にする仕事において、私の強みがより発揮されやすくなると。
また、お客様は男性より女性。

最後のほうで嬉しいことをたくさん言ってもらえた。

私の、より自分らしく生きたいという方向性は現在水面下で進行していて、すぐに(半年以内)何かが起こるというわけではないが、少しずつ進行しており、いずれ実現することは確実。
今すぐ何かをしなきゃとか、焦る必要はない。
もっと毎日を楽しむこと。仕事はほどほどに、プライベートを充実させる。
自分が満たされたないと周りに本当の意味で優しくできない。これまで常態化していた「犠牲・我慢」の精神は、本来の自分からかけ離れた方向性。まずは自分を満たしてあげる。


人の気持ちに寄り添う仕事、誰かを元気づけられる仕事。
マッサージ等の身体的な癒しではなく、心・気持ちの部分で癒したり明るくできる仕事。
わくわく。

ここ数年ずっともんもんとしてきたから、いつか突破口があるのならば。
それを信じ、焦らず、自分を満たし、日々を楽しみながら進んで行きたい。



スポンサーサイト
line-s
09.11
数年前に2度ほどスカイプでのタロット占いをしてもらった珠帆美汐さんのサンプルセッションを受けました。

自分の中の何かがこの生きづらさを生じさせている。そう感じて心理学に興味を持つようになって数年。

なぜまた珠帆さんにお願いしようと思ったかというと、珠帆さんのタロットがとてもよく当たったから。
タロット占いなんか、って確かにそうなのだ。私も100%頼っているわけではなくて、ものすごく迷いが生じているときに、ふと占いなどによりかかりたくなってしまうときがある。

初めてみていただいたのは ちょうど私が当時の相方とのことで渦中にあったときで、珠帆さんには「結果はどうであれ、とても和やかな感じになります」と言っていただいたのだ。そのときは全くそんな風に思えなくて、雰囲気も険悪だったし・・・、和やかな感じになるわけなんてない ってそう思っていた。

だがしかし、最終的には本当に和やかになって、お互いが別々の新居に越す際に引っ越しを手伝いあったり、最終的な届けも穏やかに一緒に役所に出しに行ったのだ。振り返ると本当に驚きだ。


前置きが長くなったが、今回は近い関係にある同僚がいると、窮屈に感じるという相談から入ったのだが、珠帆さんのおっしゃるとおりに感じて、感じるものを言葉にしていくと、ぼろぼろと泣きながら

「ちゃんとできなくてごめんなさい」
「お父さんに認められたかった」
「お父さんの気に入るようなことができなくてごめんなさい」

という言葉が出てきた。

珠帆さんに、私の中にあるモノに「よく頑張ってきたね」と声をかけてあげてください、と言われても
「もっともっと」
「全然頑張ってない」
の言葉が反抗してきた。

でも、最終的には
「ちゃんとしなくていいんだよ」
「お父さんともっと仲良くしたかった」
の言葉が出てくるようになり、同僚には
「いつもありがとう」
の言葉が浮かんできた。

何枚ティッシュを使っただろう?
同僚との関係について、というトピックでまさかここまで入り込むとは思ってもいなかったし、こんなに泣くとは思ってもいなかった。
自分は頭で考えてしまうタイプで、感じることができないと思っていたから、不思議だ。

インナーチャイルドなんてホントかいな。
そう思いながら。


珠帆さんから出た宿題は、
「私のせいじゃない」
と心の中でつぶやくことを一週間は続けてみること。もちろん、合わなかったら無理をする必要はない。
過去の出来事に関しては、
「私のせいじゃなかったんだ」
とつぶやくこと。

なんでもかんでも自分の責任、自分がどうにかしなきゃ、自分が悪い、と思ってしまう癖をなくしていく。


会社でいつも人の顔色や表情や声のトーンに敏感になってしまったり、間違いをいつ指摘されるかとびくびくしたりしてしまう そんな疲れる毎日が、少しでもなくなるといいのだけど。






line-s
09.10
以前、こちらの記事でも書いていた、アンド・」ステディさんでオススメされたパトリックのスニーカー。ついにゲット!

私が手に入れたのはこちら


本当は黒い色でない色がほしかったのだけど、仕事で黒いスニーカーが必要なときがあるので、こちらを。
Yahoo! オークションで美品の中古を定価の1/3ほどで落札しました。
ん?人が履いた靴なんて汚い・・・?うーん、あまり気にしていません^^; 私自身 靴を出品していますしね。

まだ一度しか履いていないのですが、なんていうか、ストレスフリー。
履いている感覚がないというのか、足にぴったり沿っている感じ。
合成皮革で軽い!
スニーカーにありがちなぼってり感がなく、足元が悪目立ちせず、上品かつスマート!
カジュアルすぎる格好(Tシャツにジーンズなど)はあまり好みでない私でもこれはOK!

はぁ、他の色も欲しいわぁ・・・。
しかし今年は外見面ではかなり靴に投資したので、他の色はやめておこう。

サイズは39。アンド・ステディの小野崎さんに勧められたサイズ。
ちなみにアンド・ステディさんのパンプスは24cmでつくってもらっています。

パトリックも色々なラインがあるから目移りしちゃうけど、細幅足さん(私はAAA幅です)にはシュリー、オススメです!



line-s
09.07
ずっとずっとずっと迷っていたけど入っていなかった合唱団に入会を果たしてきた。


(c) .foto project



歌うことが大好き。毎日でも歌っていたい。

でも、合唱団や吹奏楽団に所属すると、貴重な休みの半日がつぶれてしまう。
毎週なんて出られないかもしれない。
それで毎月の会費を払うのも。
でも・・でも・・・


そんなこんなでグルグルグルグル何年やっていただろう。
今の住居地に越してくる前、地元でもある合唱団の見学に行ったが、結局入らなかった。


今回体験に行って即日決めてきた理由としては、
・楽しそう
・自分が歌いたい種類の歌を歌っていた(宗教曲とか、第9だとかカタイ歌はいやだった)
・団費が格安
・毎週出られなくても良いと言ってもらえた

こんなところだろうか。

私は個人的には中・高の合唱コンクールで歌っていたような曲が歌いたいのだ。
ラテン語とか、ミサ曲とか、そういうのではなく、もっと身近な。
かといってゴスペルも体験に行ったがなんだか違った。


次回来た時に入会しようかととも思ったが、もうこれ以上迷っている意味がないと思い、エイヤと入会してきてしまった。もう長年悩んできたのだ。これだけ条件が合うのなら、入ってしまえと。


・・・しかし、みんな初対面、という場は大丈夫なのだが、こういった「既に場ができあがっているところ」へ新参者として入っていくのが苦手だ。今日はめいっぱい「すみません、ワタクシ新参者です、お邪魔にならないようにしますので・・」モード全開で過ごしてしまった。こういう自分の変に遠慮し過ぎて卑屈なところ、いやだ。

さてさて、これからどんな合唱団ライフが始まるのやら。
やっとこ初めの一歩を踏み出せたぞ。
長かった・・・。




line-s
09.07
新卒の会社の仲間で集まった。
どうやら4~5年ぶりだったようだ。

集まった5人のうち、最後に辞めたのは私、それも、2006年なのでもう8年前だ。その会社を退職してから転々とし、今や4社目で働いているなんて、これまた私だけだ。1人は専業主婦、1人は週5のパート、1人は転職後ずっとその会社、1人は新卒の会社で働き続けている。

5人のうち3人は同じ部署で働いていて、私はそのうちの1人と同期だったのと、もう1人はその3人のうちの1人と同い年でタバコ仲間だった、という関係。

みんなの話を聞いていて、誰1人として仕事が楽しいとは口にしていなく、どちらかというとネガティブなことしか言っていなかったのが残念だった。もちろん自分も人のことを言えないが…。

それに、40代前半や30代後半で、『今さら』と言っていたのも気になった。え、まだまだなんでもできるじゃんと内心思っていたけど。


そして…本当はもう1人、仲間がいたのだが、一昨年病気で亡くなってしまった。私達には知らせずに…。彼女の死後、その事実を聞かされたとき、どんなに驚いたことか。病気の発見からこの世を去るまで、あまりにも短時間だった。生まれたばかりのお子様を残して…。

今5人で会えてるのだって奇跡みたいなものだよねと、4~5年ぶりにあったわりに年内にまた会う約束をして解散した。



なかなか1人で入ることができないラーメン屋さんにみんなで入ったぞ!
line-s
09.02

(c) .foto project


「生きるように働く人の仕事」・・・そう聞いただけで、何だかうっとり。
生きるように働く、なんて、あまり聞かない表現ですよね?

日本仕事百貨さんのサイトの求人欄。
是非見てみてください。

昔からある転職サイトとは一味もふた味も異なった求人を見つけることができます。
読んでいるだけでもワクワクしてきますよ!

他にも毎月「仕事バー」なるものも開催されていますよ。例えば9月なら :
いろいろな生き方・働き方をしている人たちが一日バーテンダーします。9月は地域を盛り上げ、仕事百貨、中小ビル経営、婿入り、森、仕事百貨で転職、コーヒー、結婚など。まずは気軽に一杯飲みながらお話しましょう。お一人様歓迎!
とのことです

line-s
09.01
いつだったか、整体に行ったときに、筋力不足が今後に響くことを指摘され、怖くなってゆるく腹筋・背筋を昨年末から続けている。

どれくらいゆるいかって言うと、腹筋×10、背筋×10、と脚の筋力をつける運動を8×2セットずつ、やりたくないと思わない日にやる、という程度だ。だいたい週に3~4回かな。

調子のいいときは腹筋・背筋を15回に増やす。
でも20回はしたことはない。

そんな程度だけど、よく続いているなと思う。
私にしては上出来では。

今度ブログに書くつもりだが、最近は脚と足裏マッサージも取り入れている。
これがゆるく楽しいのだ。
「たのしーー!!」というわけではないけど、「ん、面白いな」という感じ。



line
プロフィール

Narie

Author:Narie
横浜が大好きなmid30's。

2014年に受講した "かさこ塾" をきっかけに始めたこのブログ、今ではただの日記帳になっていますが、楽しみながら書き続けています。


外から見た感じはほんわかしているようだが、目標が定まったら猪突猛進、スピード重視のハンター、射手座。
マイペース中のマイペース。

好きな動物 犬とモルモット
好きなこと 歌うこと、星をみること
苦手なもの アルコール、エアコン、昆虫

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。