QLOOKアクセス解析
line-s
--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

line-s
10.29
最近毎晩幸せだ。

a1180_001137.jpg

寒くなってきて、空気が澄んで、寝る前に自分のベッドで寝転がりながら 大好きなオリオン座を眺められるのだ。
携帯から藤井フミヤの「Another Orion」を流したりして ベタで恥ずかしいけど・・・

少し前は、確か深夜1時半頃に同じ位置にあったオリオン座が、今は0時台に見える。
確実に地球は公転を続けている。
もう、おおいぬ座のシリウスだって見えるのだ。
以前は低すぎて見えなかったのに。

窓越しだとガラスに明かりが反射して見づらいので、最近は窓を開けて眺めている。
夜の冷たい、でも済んだ空気で寒さが我慢できなくなるまで・・・ 布団にくるまって星を見上げる。
なんて贅沢!

小さなことだけど、私にとっての幸せごと。
冬は寒いけど、星がきれいに見えるから好き。
ちょっと目が慣れてくると、明るい星の周りに無数の小さな星が点在しているのが見えてくる。
心から嬉しく、感動する静かな時間。




スポンサーサイト
line-s
10.26
会社が休みの日、旅に出ているか引きこもっているか、という話の引きこもり編。

引きこもっているときはマンガを読んだりDVDを観たりしている。
典型的な干物女というヤツだ・・・。

マンガもDVDも何となく惰性でみている気がするが、
最近最新刊を読んだ「君に届け」は王道の少女マンガだが、登場人物たちがとても純粋で一生懸命で優しいがゆえに、彼女・彼らの友情や恋愛に、ついホロリとさせられたり応援したくなったりするのだ。
最新刊が22巻?長生きなマンガである。

もう1つ最近観たDVD、「春の雪」。
2005年の映画だということで、もう9年も前だ。
はっきり言って、イライラさせられる映画だった。
以下ネタバレ含みます・・・。

私がどうしても解せないのは、なぜ父親が何度も
「聡子のことをどう思っている」
「好きなのか」
「聡子が他の人と結婚してもいいのか」
といったことを確認してくれていたのに、清顕は
「私には関係ありません」
「何とも思っていません」
と突っぱね続け、
聡子が何通も手紙を送ったのを燃やし続けたにもかかわらず、
いざ彼女が他の人と結婚することになったら
なぜいきなり彼女一直線に行動に移すようになったのかということだ。

他の人と結婚することになったにも関わらず密会を重ね、あげくに聡子が妊娠までしてしまって。
そりゃ父親も殴るよね。
私だって思うもん、あれだけ聡子も父親もあなたの本心を聞き出そうと、確認しようとしてたのに、なんで今?!聡子がかわいそうすぎるでしょ、と。
友達役の高岡蒼甫も振り回されてかわいそうだったし。
終始、なぜこの清顕という人はわがままで意味の分からない行動をとる人なんだというモヤモヤ感につつまれていました。

やはり、素直になることって大事なようです・・・。



line-s
10.26
最近の週末は旅に出ているか引きこもっているかのいずれかで、少々極端かもしれない。

この秋は珍しく旅三昧だ。
以前の私は見えない未来のために ただただお金を貯めておかなければ不安で
旅行なんて年に数回まで しかも国内1泊くらいでとか・・・

それに比べて今年の秋はすごいぞ。
【9月】
恒例祖父のお墓参り+トリッピース企画で東北へ
【10月】
新卒の会社の同期3人で、同期の暮らす佐渡島へ
【11月】
トリッピース企画で佐賀へ

まだ一度も九州を訪れたことがない私。
これで日本全島(?北海道・本州・四国・九州の意味)を訪れたことになる!

12月はもしかしたら母と近場の温泉街へ旅行に行くかもしれない。


line-s
10.19
最近、”ゲストハウス” が気になっている。
というか、行きたい、泊まりにいきたい。


(c) .foto project


1番気になっているのは
「あらゆる境界線を超えて、人々が集える場所を。」 の toco.

最寄駅は日比谷線の入谷駅。
女性用ドミトリーはネット上で確認できる1か月先まで埋まっている。

今年、古民家にハマっている私にはど真ん中の場所だ。
ただ古いだけでなく、手を加えてあって、清潔かつオシャレで便利。

次に気になっているのが toco. と同じ会社がやっている Nui. HOSTEL&BAR LOUNGE

ここも、toco. と同じく 「あらゆる境界線を超えて、人々が集える場所を。」 を掲げている。
最寄は、大江戸線・浅草線 蔵前駅。
toco. よりも後にできたゲストハウスで、ここのラウンジ/バーが宿泊者以外の利用も可能とのことで、
雰囲気があるらしいのだ。

土日を使って関東近郊のゲストハウスに宿泊する旅、もいいな。



line-s
10.13
ご紹介がだいぶ遅くなってしまったが、仙台の素敵なユースホステル、道中庵ユースホステルについて書きたいと思います。

仙台には毎年訪れているのに、なぜもっと早くにここに宿泊をしなかったんだ!!!と後悔の嵐が吹き荒れた(笑)、本当に素敵なお宿でした!! 外観も内観も、私好み




玄関入ってすぐに歓声をあげてしまいました!






お宿のご主人もとーっても親切

その夜はどなたかのコンサート?ということでチェックイン時刻を過ぎても宿に着いている人のほうが少ないくらい。
ならば!とお風呂に入ってきました。
ユースホステルのHPにあるとおり、こちらも素敵な木のお風呂。

予定の関係で朝食が取れず、素泊まりとなってしまいましたが、次回は必ず!!
・もっと早くチェックインして、お宿を堪能する
・朝食を付ける
ことを目標にしたいと思います!

チェックイン時は夜だったので、少々迷いましたが、住宅街の中にいきなりぽこっと存在する道中庵さん。
最寄駅(JR東北本線太子堂駅)降りてすぐに、大型スーパーがあるので、何か忘れ物があればそこで入手できるのも安心です。

あぁ、もう次の宿泊が楽しみだー!!

古民家風のお宿がお好きな方に。中はとても清潔ですよ^^




-------------------------
道中庵ユースホステル
〒982-0014 宮城県仙台市太白区大野田2-3-7
JR太子堂駅(仙台駅から7分)下車 徒歩8分



line-s
10.09
またまた素敵なブログを見つけてしまったよ。
いや、正確には以前も読んだことがあったのだけど、最近また巡り合ったのだ。

keiさんの、幸せもお金も貯まる生活


(c) .foto project


タイトルだけ読むと、実用っぽい分類に聞こえるかもしれないけど・・・
いやいや、内容は私が大好きなタイプのブログ。
keiさんも、本田健さんの本や、「ソース―あなたの人生の源はワクワクすることにある」

に刺激を受けたみたいで、そこは私も共通するのでちょっと嬉しかった。

・・・とはいえ、keiさんは既にご家族で沖縄でのんびりライフを楽しんでいらっしゃるので、
共通するも何も既に何万歩も先を行っていらっしゃるのだが。

ブログのエントリーを少しご紹介。

お金をかけなくても、楽しめる暮らしをデザインする

人生の大切な時間、好きなことでうめつくそう!

好きなことだけを仕事にしていこうと、決意する

わたしの心が生きている、と感じられる日々



どうでしょうか?
私自身、まだ隅々まで読めていないのですが、本当に憧れてしまいます。
私はまだ家族もいないので、keiさんよりは自由気ままに過ごせるはず。

憧れているだけでは始まらない。
私もわくわくして、自分の心が生きていると感じられる日々を過ごしたい!


line-s
10.08
ふと、この曲が流れてきて、思いがけず泣いてしまった。

ハピネス AI

♪♪♪
余裕がなくて 優しくなれない
そんな時でも ちゃんと分かってくれている人がいる


君が笑えば この世界中に
もっと もっと 幸せが広がる
君が笑えば すべてが良くなる
この手で その手で つながる

♪♪♪



最近本当に忙しくて・・・
いつもいつも職場にいるときにはやらなきゃいけないこと 期限付きのもの、人に頼まれたもの
そんなものに追われて
でも早く帰らないといけない
残業は良くない
ですっかり笑顔が減ってしまって。

いつも苦しい顔をしている自分がいて
でもそんなの良くない、自分がむすっとしてたり不機嫌でいたら
周りにも悪い空気を流してしまう
わかっていながらどうにもできないほど疲れていて

そんなときだからこそこの曲を聞いて涙が流れたんだと思う。

私も本当はいつでも笑顔でいたいんだよ。
精神的な余裕って大事。
私もわかっているんだ。
周囲の人に笑顔がないと、
どうしたのかな、私何か怒らせることしちゃったかな?
って不安になるから
私も笑顔でいたいんだ。


line-s
10.03
ある意味、大学のサークルの合宿のようだった。

初対面の15人で1泊2日の旅?共同生活?をした。

何それ?って驚かれるかもしれませんね。

この話を友人にしたら、『最近知らない人同士で♪ていうのよくあるけども、みんな何目的でやってるのかなぁ。否定するわけじゃ全然なくてね。出会いを求めるなら婚活前提のそういう企画とか、年齢が近いメンツでやるとかしたほうがいいし、旅行なら知った顔のが気兼ねないし、予定合わせたりが面倒なら一人でいいし…』と言われた。

確かになぜだろう?10年くらい前ならこういうの、なかったんだろう。オフ会だって怖いと、昔は思っていたし。

でも今はSNSを介して朝活や、知らない人同士で集まることに抵抗がなくなった。

私がこのSNSをこよなく愛する理由は、第一にその魅力的な企画のラインナップだ。旅行会社には並んでいないような面白そうな企画の数々。

それに、歳を重ねるにつれ、周りは家庭を持つ人が増える。そんなとき、このSNSのように一人参加OKで、参加者も一人参加ばかりのような場は気がラクだ。一人でいることも好きだけど、人と一緒もいいな、特にこういった面白そうな企画に参加するのなら。といった感じのときに利用する。

出会いかぁ。全く期待してない、0%ですと言ったら嘘になるけど、みんな、多少なりともあるのではないだろうか。婚活よりも自然な出会いの方が、やっぱりいいもの。

今回お世話になったところ。





line-s
10.02
先月、東北2県へ旅をしてきました。うち1県は、祖父のお墓詣りに毎年訪れている馴染みのある県。

もう1つの県は、初めて会った方達と1泊2日の旅。


最も印象に残っているのは、その空の広さ。





もうそれだけで胸がいっぱいで満足で。


ちょうど稲穂が頭を垂れる季節。





こんなところでゆったり暮らせたらなぁ。一番の問題は、大の苦手である昆虫が元気いっぱいであることか。このときも、トンボがたくさん飛んでいた。



line-s
10.01
少し早いでしょうか、2015年の手帳を購入しました。

来年も、再び『夢をかなえる人の手帳』通称『ゆめかな手帳』にお世話になることにしました。



LOFTに手帳を探しに行ったのですが、これといったものを見つけることができず、やっぱり来年もこれだなと。

私のこだわりは、バーティカル形式であることと、毎日、やることリストをたくさん書けるスペースがあること。

一つ変化があったとすれば、『青』『赤』とバージョンがある中で、珍しく赤を選んだこと。今年は青ですし、私は青系が好きなので…。しかしながら店頭で実物を手に取ってみると、どうも『赤』のほうに惹かれたんですね。中身は一緒なんですよ、絵柄も、文章も。ただ色合いだけが異なる。いつもと違う選択をして選んだ、来年1年間お世話になる相棒。どんな1年になるでしょうか。


ゆめかな手帳のいいところは、藤沢優月さんの書く文章。




夢をかなえる。
自分の時間を生きる。
自分の気持ちを大切にする。

慌ただしく過ぎ行く毎日だからこそ、必ず見る手帳に大切なことが書いてあると、日々のリマインドになってくれる。

来年も、ゆめかな手帳と歩んで行く。
line
プロフィール

Narie

Author:Narie
横浜が大好きなmid30's。

2014年に受講した "かさこ塾" をきっかけに始めたこのブログ、今ではただの日記帳になっていますが、楽しみながら書き続けています。


外から見た感じはほんわかしているようだが、目標が定まったら猪突猛進、スピード重視のハンター、射手座。
マイペース中のマイペース。

好きな動物 犬とモルモット
好きなこと 歌うこと、星をみること
苦手なもの アルコール、エアコン、昆虫

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。