QLOOKアクセス解析
line-s
--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

line-s
07.20
以前何かの映画を観に行ったときに予告編を観て、観に行こうと決めていた 「バケモノの子」 観てきました。

19:15スタートの夜の回だったにもかかわらず、夏休みだからか子どもが結構いて、中学生くらいの悪ガキ2人組が近くに座っており、前の座席に脚を載せたり、上映中もしゃべったりと、マナーが悪くて何度もガンをとばしてしまった。
ホントああいう年頃ってイキがってマナーを悪くすることがかっこいいと思ってたりするからタチ悪い。

細田守作品は、DVDで観た 「おおかみこどもの雨と雪」 が印象的だったので、観に行った。

以下ネタバレ含む。
人間の持つ闇。
一郎彦は、何だか幼少期から変なイノシシ風の帽子をかぶって優等生タイプ・・?と思ったら、人間だった。

楓の言う、自分も、蓮も、誰しもが闇を持っていて、その闇を抱えながらも必死でもがきながら生きている。
だから、闇に飲みこまれてただ他者を傷付け、暴れているだけの一郎彦には負けない、のセリフ。

そっか・・・やっぱりみんな闇を抱えて生きているの?
私とか、ごく一部の人だけだと思っていたよ、闇を持っているのは。

熊徹が最後、瀕死の体を引きずって炎の剣の神(名前忘れた)に転生して、蓮の心の闇を満たし(ふさぎ?)に来たときは泣けた。
私もいつも一人がいい一人がいいって言い張ってるけど、心の闇はやはり一人ではふさげないモノなのかなぁ。
蓮にとっての熊徹や楓のように、自分以外の誰かとのか関わりの中でしか、心の闇を満たすことはできないモノなのかなぁ。
私は 他人と深い関わりをもつことを「面倒くさい」って言いつつ、本当は傷付きたくないだけなんだよなぁ。

その他現実的な感想。
楓の声、高校生にしちゃ幼いなと思ったら広瀬すずだった。いくら旬だからって広瀬すずじゃ子供っぽすぎるだろ。
一郎彦の子供時代を黒木華がやっていた。へぇ~。
蓮は宮崎あおい→染谷将太。売れっ子ダブル起用。特に染谷くんは最近の邦画で観ない映画はないって感じだね。
蓮の父親は若過ぎやしないか?若くして生まれた子なのか。


次は8月1日公開の 「進撃の巨人」 を観るぞ!!!!





スポンサーサイト

トラックバックURL
http://freelyeverafter.blog.fc2.com/tb.php/195-33e773d4
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

Narie

Author:Narie
横浜が大好きなmid30's。

2014年に受講した "かさこ塾" をきっかけに始めたこのブログ、今ではただの日記帳になっていますが、楽しみながら書き続けています。


外から見た感じはほんわかしているようだが、目標が定まったら猪突猛進、スピード重視のハンター、射手座。
マイペース中のマイペース。

好きな動物 犬とモルモット
好きなこと 歌うこと、星をみること
苦手なもの アルコール、エアコン、昆虫

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。