QLOOKアクセス解析
line-s
--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

line-s
06.20
ほぼ毎日チェックしているブログの1つ、さとうあやこさんのブログ
もう、いくらキラキラマークをつけても足りないくらいのキラキラ加減です。

ブログはこちら

ご本人にはお会いしたことはないのですが、外見も内面もきらきらで、憧れます。
いつもは手の届かない高いところにいらっしゃる方、というイメージですが、この投稿に共感いたしましたので、
一部引用-----------------------

ブログの書き手に興味を持つきっかけは「共感」であることが多いです。
ではその共感ってどうやって得られるの?

わたしは主観のないところに共感はないと思います。
「自分はこう思う!」という熱い、深い思いをまずは自ら曝け出すこと。

「こんなこと書いたらこう思われるんじゃないか」
「調子乗ってる風に見られるんじゃないか」

と、知らない読者の反応を気にしてなかなか自分の気持ちを書けないこと、よくあります。

でも当たり障りのない文章は人の心の琴線には触れにくい。
まずは自分のその殻を破ることが必要です。

そういう私も、未だに自分の意見をブログで書くのは怖い。

こんな偉そうに書いて大丈夫かな?と心配で 公開後、いいねの状況をついついチェックしちゃったり
不評だったらすぐに消そうと構えていたり(笑)
でも思い切って吐き出した気持ちは誰かしら拾ってくれるものです。

中略

逆の立場で考えてみても 自分がブログを読んで会ってみたいと思う人は
考え方や人間性など、ブログから感じられる心の部分に共感する方だと思います。
逆に共感できない人とは、実際に仕事でご一緒してもいい結果にはならないはずなので

「こんなこと書いて批判されるかもしれない」というのは杞憂です。

価値観の違う人と始めから付き合わなくて済んだ、と考えればいいのです。

一番簡単なのは 好きなことについて、なぜそれが好きなのかを熱く語ること。
ポジティブなエネルギーは人を集めます。

勇気を出して心をさらけ出すと 世界が広がるのがブログの面白いところ。
単なる出来事の日記だけではなく そこから感じた自分の思い、考えを
より熱く、深く、書いて行くこと。

それによって、単なる読者から一歩超えた、
「会いたい」「一緒に仕事をしたい」「サービスを受けたい」存在に変わる機会を作ることができます

引用終わり--------------------------------------------

あやこさんでも、反応が怖いんだ・・・。
これはかなり驚きでした。でも、これがあやこさんの書いている「共感」なんだろうな。

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://freelyeverafter.blog.fc2.com/tb.php/42-49eb6673
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

Narie

Author:Narie
横浜が大好きなmid30's。

2014年に受講した "かさこ塾" をきっかけに始めたこのブログ、今ではただの日記帳になっていますが、楽しみながら書き続けています。


外から見た感じはほんわかしているようだが、目標が定まったら猪突猛進、スピード重視のハンター、射手座。
マイペース中のマイペース。

好きな動物 犬とモルモット
好きなこと 歌うこと、星をみること
苦手なもの アルコール、エアコン、昆虫

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。