QLOOKアクセス解析
line-s
--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

line-s
06.21
Yahoo! ニュースとある方のブログより引用:

内閣府が行った意識調査の結果によると,未婚・晩婚化が進んでいる理由について,20代から30代の男性では,「経済的な余裕がない」という回答が最も多かった。

これに対して,20代から30代の女性では,「独身の自由さを失いたくない」が最も多く,次いで「仕事や学業に打ち込みたい」が多かった。

図らずも男女の意識の差が浮き彫りにされた。

昔は,生涯仕事を続ける女性は多くはなく,女性は結婚や出産を期に退職し,経済的に男性に頼って生活することが多かった。
そうなれば,自由さも,自分のスキルを犠牲にすることも我慢せざるを得なかっただろう。

現在では,女性を取り巻く環境は依然として厳しいとはいえ,生涯仕事を続け,女性がある程度の経済力を持ち続けることは不可能ではなくなった。
そうなると,自由やスキルを犠牲にしてまで結婚,出産に踏み切ることの方がむしろ勇気が必要とさえ言えるかもしれない。

引用終わり--------------------------------

このYahoo! ニュースには驚かされた。
私自身、第1位の理由を強く思っているから。他の人もそう思っていたんだ、と驚いた。
それにしても、「最近の若い世代は専業主婦願望が強い」なんていう記事もよく見かけるので、いったいどれが本当なのかわからないものだ。

自分の母親には特に、下記のように言われてきた。最近は言わなくなったかな?

「自由自由って、あんたいつまで自分のことばっかり考えてるの」
「家族をもって、子供を産んで育てていくことが人間としての本能なのよ」
「子どもがいないと老後淋しいわよ」

それでもやはり、「ひとりがいい」と言うと渋い顔をするけれど。

私はひとりが大好きだ。
人が嫌いなわけではない。人と関わるのも嫌いではないけど、自分の家が1番落ち着く。
誰にも気を遣わなくていい。自分の言ったことが誰かを傷つけることもない。誰かが言ったことに傷つくこともない。
自分のペースで行動できるからいらいらすることもない。
食事も自分の分だけ作ればいいし、食器洗いも、洗濯も自分の分だけだからすぐ終わる。掃除も部屋数が少なくて狭い家のほうが楽に決まってる。

数年間、苗字も変わって人と住んでいた時期もあった。
当時、正社員で仕事は続けながら家事を全部自分でやろうとし、出かけたりしても食事の支度のために早く帰ってきたりしていた。
相手が家事をやってくれても自分の基準を満たしていないので苛立ち、怒る。
全部自分でやるのは大変だけど、自分の納得できるようにするには自分でやるのが1番。だから大変なのは仕方ない。
そのくせのんびりとテレビを観たりゲームをしている相手に苛立ってつっかかったりしていた。
サイアクである。
結局私のわがままで、ひとりに戻していただいた。
あの頃、外部機関によって家事に成績をつけてもらえたらいいのに、と本気で思っていた。どれだけやったらいいのか、自分のやっていることが正しいのか、どれだけ頑張ったらいい点数がもらえるのかわからず、苦しかった。

だから私はひとりが気楽で1番いいんだと思ってる。
淋しくないかと聞かれるが、淋しい?とんでもない、自由で楽しい!
好きな時に食事して、好きな時に寝て、好きな時に出かけられる。こんな自由ってない。

実家がかなりうるさい家だったのも起因していると思う。
もう二度と、あんなうるさくて縛られて制限の多い生活はいやだ!!!って心の中で思っているんだろう。

本来の私はかなりマイペースな人間。
このブログのURLに「freelyeverafter(今後ずっと自由に)」とつけたのも、そんな風に生きられたらという願いを込めたものだ。

それなのに、自由を求めている一方で、自分がマイノリティなことも気にしてしまう。
私の中での「普通」は「結婚していて、子供さんが一人か二人いる」 ただそれだけ。
学生時代の友人たちから届く年賀状にはお子さんの写真が使われているものがほとんどだ。
大学時代までは確かにみんなと一緒に授業を受けて、一緒に実験をしていたのに、
なぜ私はみんなみたいに結婚して子供が生まれて、仕事も辞めて。。ということができなかったんだろう。
どう見ても、バリバリのキャリアウーマン(古い?)タイプではないのに。

『これが「普通」ということはない』
『幸せそうに見えてもそれぞれ悩みを抱えている』
『誰かのようにならなくていい』

そんなこと、くさるほど本やネットで読んだ。
でもいまだに「自分は普通ではない・・・」と思うことをやめられずにいる。
世の中、圧倒的に結婚している人や子供がいる人のほうが多いし、そうやって人間は生きてきたわけで。
ということは、それが正しい・好ましい・大多数に選択される生き方 だということだよね。

私は別に異形になりたいわけでなかったのに。みんなと一緒で、普通で、その他大勢で、良かったのに。
でも、結婚もしたくないし、子供もほしいと思えない。
その「みんなと違う思考」を持っていると、人と話が合わないし、共感できないし、人から「えーっ!」と驚かれたりするので、一緒だったらいいのにな、と思うのだ。どうして自分はほかの人のように「子供がほしい」と思えないんだろう、と考えたりしなくて済むのに。(とはいえ、考える頻度はごくわずかだけれど





スポンサーサイト

トラックバックURL
http://freelyeverafter.blog.fc2.com/tb.php/43-85ee7223
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

Narie

Author:Narie
横浜が大好きなmid30's。

2014年に受講した "かさこ塾" をきっかけに始めたこのブログ、今ではただの日記帳になっていますが、楽しみながら書き続けています。


外から見た感じはほんわかしているようだが、目標が定まったら猪突猛進、スピード重視のハンター、射手座。
マイペース中のマイペース。

好きな動物 犬とモルモット
好きなこと 歌うこと、星をみること
苦手なもの アルコール、エアコン、昆虫

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。