QLOOKアクセス解析
line-s
--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

line-s
07.01
連日テレビネタですが・・・

心屋仁之助さんがパニック障害と戦って13年ぶり?にテレビ復帰したあんざいひろこさんに、小さい頃感じていた気持ちを母親に伝えたほうがいい、とアドバイス。
あんざいひろこさんが電話でそれを母親に話す場面で号泣してしまった。

「ママは幸せだった?」って聞いていた、その場面で。

私の両親は私が小さい頃からケンカばっかり。
しかも父親は手をあげるし怒鳴るしモノに当たる。
怖かった。
小学校低学年にして、母親に離婚を勧めていた。
自分の家が嫌いだった。
自宅とは、心が安らぐ空間ではなく、いつも父親の顔色をうかがう場所だった。
父親がずっと帰ってこなければいいのにとさえ思っていた。

でも、両親には、家族には幸せで、笑顔でいてほしかったから、父親が1番喜ぶ勉強を頑張り、父親が機嫌よくいてくれることが、母親や弟の幸せにもつながると思っていた。
父親を喜ばせること、怒らせないことがいつも私の目標だった気がする。

私もきいてみたいな。
父は、母はあの家族で、一緒に暮らしていたあの時間、幸せだったのだろうか。
今は家族全員がばらばらに暮らしていて、父とはここ数年絶縁状態。
私が子供の頃、私に面と向かって母との結婚は失敗だったと言い放った父。
父は幸せだったのかな。

母は、あんざいひろこさんのお母様同様、私と弟がいるだけで幸せだった、って言いそうだ。


かさこ塾初回で、あと余命半年だったら何をするか、という質問の回答2つ目に書いたのが 「父と話す」 ということだった。
よく心理学系の本などに、家族と話すと人生が変わる!好転する!のように書かれているけど本当かな。

どうして父はああいった態度しか取れなかったんだろう。
なぜ大人になって私が遊びに行ってもいつも不機嫌そうなのだろう。
父は、家庭を持って幸せだったのかな。
もちろん幸せなときもあったと思うけど、4人で暮らしていた時間を 「幸せ」 「幸せでない」 とに分けていったら、父にとってはどっちの時間のほうが多いんだろう。





スポンサーサイト

トラックバックURL
http://freelyeverafter.blog.fc2.com/tb.php/56-e9a786bf
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

Narie

Author:Narie
横浜が大好きなmid30's。

2014年に受講した "かさこ塾" をきっかけに始めたこのブログ、今ではただの日記帳になっていますが、楽しみながら書き続けています。


外から見た感じはほんわかしているようだが、目標が定まったら猪突猛進、スピード重視のハンター、射手座。
マイペース中のマイペース。

好きな動物 犬とモルモット
好きなこと 歌うこと、星をみること
苦手なもの アルコール、エアコン、昆虫

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。